N-DULGE® 319/320

N-DULGE® 319/320

N-DULGE® 320はベーカリー製品や麺製品などに強いもちもち感とボリューム感を付与するとともに、冷蔵・冷凍耐性を向上させる、タピオカ原料の加工でん粉です。

 

N-DULGE® 320 の特徴とアプリケーション

N-DULGETM 319/320は日本市場向けて開発された、もち食感付与のための加工でん粉です。本製品には以下のような特徴があります。

  • ベーカリー製品、麺類、点心類(皮などの生地部分)に独特の引きの強いもちもち感を付与します。
  • 膨化性に優れ、ベーカリー製品のボリュームをアップします。
  • 保形性に優れ、ベーカリー製品では焼成後の縮みを抑制します。
  • 長時間の加熱調理にも煮溶けることなく、点心類や麺類の良好な食感を長く保ちます。
  • 高い老化耐性で水分を保持、様々な食品において冷凍・冷蔵保存後も、もちもち感、ソフト感を維持します。ベーカリー製品、麺類、点心類(皮などの生地部分)に独特の引きの強いもちもち感を付与します。

キレの良いもち食感を作るタピオカでん粉

カタログのダウンロードはこちらから。

ダウンロード

もち食感に特化したイベントを開催します。

もち食感は日本人に非常に好まれる食感で、麺、パンを始め、様々な食品に応用されています。本年7月にスタートしたテクスチャーウェビナー「食感を可視化する」シリーズの第2回は、この「もち食感」を取り上げます。
 

日時:11月12日(金曜日)15時00分〜16時55分

費用:無料

内容:

- 食感を可視化する - もち食感の基礎

- 食感改良素材で創造するもち食感とその可視化

詳細、申し込みはこちらから